吃音 きつおん

こんばんは。美容師のヨッシーです!

 

 

 

私と関わった事がある方はご存知だと思うのですが、美容師で接客業をしているのに、、

話すことが上手くないんです。。

 

小さい頃から人と話すことが苦手、声を出すことが苦手でした。性格的にシャイで人見知りだったのもあると思います。

 

話したくても言葉がすぐに出なかったり、声が小さく滑舌が悪く伝わらないことが多く、、話してもクスクス笑われてしまいます。

小学生の頃から学校で「言語障害」と周りから言われてバカにされてしまうようになり、、ますます話す事が恐くなってしまいました。

 

無口でいる、大人しくいることに慣れてしまい、そういうキャラクターとなりました。

本当は色んな人と話したかったですし、仲良くなりたいとは思っていたんです。

 

 

単にコミュニケーション下手で、話す努力に欠けていたのもあると思います。

無口なキャラクターから脱するのに考えたのは、、話す事コミュニケーションをとる事を仕事にする事、

美容師になる事でした!

 

髪型やファッションに興味を持ち始めたのもあったので☺️

自分には絶対無理!!と思っている仕事にあえて飛び込む事で、改善してやろう!と強い気持ちで美容師になる事を志しました!

 

(にもかかわらず、学校では人と関わらず、アルバイトでは接客業を避けていました 笑)

 

 

そして美容室に就職して、最初に困ったのは電話対応、挨拶、、

声が出ない、、

出てもトーンが低い、、

 

 

皆んなが当たり前のようにやってることができなくて本当に苦労しました。。

 

自分なりに工夫して言葉が出やすいようにしたり。

例)お電話ありがとうございます

→はい!お電話ありがとうございます

(最初に「はい」言わないと「お」が言いづらい)

 

 

 

本当に今でも意識していることは色々あります!書ききれないくらい💦

 

 

意識して徐々に人とコミュニケーションが取れるようになって、今は美容師としてお客様を担当できるようになっていますし、技術と接客で満足してもらえる自信もあります!!

 

 

なので、前ほど話す事で悩む事は少なくなってはきているし、口下手キャラも個性として悪くないなと思っています(笑)

 

 

単にコミュニケーション下手といばそうなのですが、最近この言葉を知りました!

 

 

吃音(きつおん)

 

 

この言葉の事をよく知らなかったのですが、、自分に近いものがあるのではと調べて本を読みました。

 

 

[ウィキペディア]

吃音症(きつおんしょう)言葉が円滑に話せない、スムーズに言葉が出てこないこと。「発語時に言葉が連続して発せられる(連発)」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く(難発)」「語頭を伸ばして発音してしまう(延発)」などの症状を示す。

 

 

自分の場合は難発の症状が良く出てしまうなと思います。

 

 

 

この2冊を読んで、そうそうそれそれ!と共感できることが沢山ありました!

同じように悩んでいる人がいると思うとちょっと勇気づけられもしました😊

 

例えば

⚪︎小中学の授業で音読の時間が地獄😢

⚪︎飲食店で注文するの苦手。声が出づらい時は食べたいものではなく、言いやすいものを優先して頼む😢→今でも 笑

 

 

 

 

自分はもう症状は軽くなってきている方ですし、吃音を言い訳にするつもりはなく、コミュニケーションは仕事柄的にももっと努力していくつもりです!

 

 

 

伝えたくても伝えられない人が沢山いるという事、

単にコミュニケーション下手、努力不足だけが原因ではないのだという事、

吃音という言葉、

理解しづらいかもしれないけど、、ほんの少しで良いのでご理解いただける方が増えると嬉しいなと思います☺️

 

 

 

吃音で悩んでいて、美容室で話すのが苦手、、という方がいらっしゃったら、お悩み共感できる所があるかもしれないので、お気軽にご相談下さいね!

話さないで美容室を過ごすのも全然OKですよ!

 

 

 

 

 

吃音はマイナスイメージが強いかもしれませんが、一つの個性としてプラスに捉えるのもありなのかなと思います!話し下手でいじってもらえます(笑)

そして、その分なにか特技があるはずです✨

 

自分は何でしょう?うーん💦集中力?

 

そこそこ真面目に書いたブログの締め方が分からず、最後に適当な事を言って失礼しますm(__)m

 

 

まさに、伝えられないもどかしさ!

投稿を作成しました 37

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る